相馬地方広域水道企業団│福島県相馬市、南相馬市鹿島区、新地町に水道水を供給する相馬地方広域水道企業団の公式サイトです。

 

Q&A

 

水質について

水質について
 
水道水から新型コロナウイルスに感染することはありますか。
コロナウイルスは一般的に塩素等による消毒で感染力を失うことが知られています。
水道水は適切に塩素消毒されていますので、水道水から新型コロナウイルスに感染することはありません。
新型コロナウイルス感染症の予防のためにも、身近な水道水を利用した「こまめな手洗い」をお願いします。
 
水道水には塩素が入っていますが、水道水で手すりなどを拭くことで新型コロナウイルスの除菌はできますか。
水道水は法令で塩素消毒することが定められており、供給している水道水も消毒のための塩素が含まれております。
このため、水道水中では病原菌やウイルスは生存できません。
しかし、水道水で拭き掃除をする場合、使用する布や物品、また空気との接触などにより水道水中の塩素は消費されてしまい、細菌やウイルスを死滅させるのに十分な塩素濃度を維持することは難しいと考えられます。
拭き掃除をする際の新型コロナウイルス対策としては、塩素系漂白剤が有効です。キッチン用の塩素系漂白剤を水道水で薄めて(次亜塩素酸ナトリウムの濃度として0.05%程度)使用することが有効とされています。
【参考】厚生労働省・経済産業省資料「新型コロナウイルス対策身のまわりを清潔にしましょう。」(外部サイト)
0.05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方が書いてあります。
 
赤い水が出ます。
配水管や給水管(鉄製)が錆びている可能性が有ります。近所で赤水が出ないで一軒だけの場合は、宅内の給水管等の腐食の可能性が考えられます。
 
お風呂にためたお湯が青く見える。
光(七色)のうち、波長の長い赤色などは水に吸収されますが、波長の短い青色は水に反射されるため、人間の目には青く見えます。空や海が青く見えるのと同じ原理です。
特に、アイボリー系の色の浴槽でこの現象が見られます。
新築や改築などで浴槽の色が変わったお客さまからの相談が多いです。
 
アルミニウム製容器(やかん等)の内面が黒く変色する。
アルミニウム製品の腐食防止用の被膜がはがれ、水道水中の微量の鉄や銅などと反応してしまったものです
 
哺乳瓶の乳首が黒くなる。
給水管や給湯器等の銅管から、微量の銅が水道水中に溶け出し、乳首のゴム成分の硫黄と反応してしまったものです。また、空気中の細菌やカビ等の雑菌によるものもあります。
 
白い水(時間がたつと消える)が出ます。
水道水をコップに入れて下の方から透明になる場合は空気が原因です。
水道の配管に空気が入って水道水に溶けたり、勢いよく蛇口から水を出したとき、蛇口の上部から空気を吸い込んだりしたものです。安全性に問題はありません。
 
やかん、ポット、加湿器等に白い固形物がつきます。
水道水には、カルシウムやマグネシウムのミネラル分が含まれており、水道水を沸騰するとミネラル分の一部が析出し、やかん等に付着することがあります。ミネラル分ですので安全性には問題はありません。
 
水道水がカルキ(塩素)臭い。
水道水は水道法により塩素消毒をしなければなりません。
衛生上の措置として、給水栓で遊離残留塩素が0.1mg/㍑以上検出されるよう定められています。このため、地域や個人差等により臭いを感じることがあります。浄水場では、強い塩素臭を感じないように塩素を適正に注入してますが、気になる場合は煮沸して塩素を飛ばしてください。
 
水道水から不快臭がする。
水源であるダム湖の水温の上昇及び富栄養化に伴い繁殖する植物プランクトンの中には、水に不快臭をつけるものがいます。
水道企業団では、常時監視を行い、必要に応じて活性炭による不快臭の除去に努めていますが、敏感な方は臭いを感じることがあります。
これらの臭い成分は、健康には影響はありません。
長期間続くようでしたら、水道企業団へご相談ください。
 
 
軟水・硬水とは何ですか?
水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。簡単にいうと、カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。
また、一般的には、硬度0~100mg/l未満を軟水、100~300mg/l未満を中硬水、300mg/l以上を硬水に分けられます。
一般的な総称とWHO世界保健機関による硬水と軟水の基準値
一般的な総称 軟水 中硬水 硬水
硬度
0~100mg/l未満 100mg以上~300mg/l未満 300mg/l以上
WHOによる分類 軟水 硬水  
硬度 0~120mg/l未満 120mg/l以上  
 
 
どうして軟水や硬水ができるのですか?
日本の水のほとんどが軟水で、ヨーロッパや北米には硬水が多く存在します。これは大地を形成する地殻物質が異なるから。天然水は地中にしみ込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧き出しています。日本は国土が狭く地層に浸透する時間が短く、ヨーロッパや北米の大陸では地層に接する時間が長いことが、硬水と軟水を生み出す要因のひとつとされています。
qrcode.png
http://suido-soma.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
327688
<<相馬地方広域水道企業団>> 〒976-0001 福島県相馬市大野台二丁目3番地の5