相馬地方広域水道企業団│福島県相馬市、南相馬市鹿島区、新地町に水道水を供給する相馬地方広域水道企業団の公式サイトです。

 

相馬地方広域水道企業団の概要

  • ホーム  > 
  • 相馬地方広域水道企業団の概要
 

企業団とは

企業団とは
 
相馬地方広域水道企業団は、地方公共団体である一部事務組合として、県、市町村と同様に法人格を有しております。一部事務組合の中で水道・ガス・交通事業等、地方公営企業の経営を行うものを地方公営企業法において「企業団」と規定しており、企業長を長とする執行機関(事務局)のほか議会を設置し、その運営を行っています。
 

相馬地方広域水道企業団の概要について

相馬地方広域水道企業団の概要について
  代表者 企業長 立谷秀清(相馬市長)
  創設年月日 平成4年8月17日
  構成団体名 相馬市、新地町及び南相馬市(鹿島区)
  水源の種類 ダ ム 4,977 千㎥/年
地下水 2,138 千㎥/年
  浄水方法 急速ろ過及び塩素滅菌処理
  施設能力 現在施設能力
32,430 ㎥/日
 

相馬地方広域水道企業団の沿革

相馬地方広域水道企業団の沿革
 
平成元年1月11日、福島県から相馬市、新地町及び鹿島町(現在は「南相馬市鹿島区」)に対し、真野ダム利用事業(洪水調整・不特定用水の補給・都市用水の供給)のうち都市用水の供給について地元市町で水道企業団を設立し、浄水場、配水管等の専用施設の建設運営についての打診があり、これを受け、関係1市2町が県と協議のうえ、平成3 年6月5日「相馬地域水道用水供給企業団設立協議会」を発足しました。
平成3年12月2日、厚生省(現在は「厚生労働省」)との協議により、事業内容を水道用水供給事業から末端給水事業として事業認可を受けることとなったので、平成4年2月12日名称を「相馬地方広域水道企業団設立協議会」と改称し、平成4年8月17日、福島県知事より一部事務組合としての設立認可を得て「相馬地方広域水道企業団」として発足いたしました。
平成5年1月6日、厚生省より水道事業の認可がなされ、平成7年3月31日に相馬市・新地町・鹿島町の各水道事業を廃止し、同年4月1日から「相馬地方広域水道企業団」として給水を開始しました。その後、平成8年4月22日「大野台浄水場」からの給水開始を行い、現在の給水区域面積は204.14k㎡、給水人口約5万6千人の規模となりました。
水道事業については、「福島県水道整備基本構想」及び「福島県浜通り地域広域的水道整備計画」に基づき、相馬市、新地町及び鹿島町の今後の水需要の増大に対処し、将来にわたり安定した水道水の供給を確保するため、真野ダムの水源を核とした計画を樹立、事業費約177億円の創設事業に取り組み、平成4年度に着工し、平成14年度に完了しています。また、石綿セメント管につきましては経年劣化が激しく埋設土壌等環境の影響を受けやすい配水管であるため、安全な飲料水の提供を目指し、各構成団体が昭和54年までに布設していた約26キロメートルについて、平成12年度に厚生労働省の事業採択を受け硬質塩化ビニール管・ダクタイル管に更新を行い、平成20年度までに事業を完了しています。更に、平成19年4月から福島県企業局から相馬工業用水道の包括委託を受け、工業用水道である初野浄水場、導水管、配水管の維持管理を行っています。また、平成15年度から住民に還元することを目的に経費削減に取り組んだことにより、平成20年4月には、平均で2.07%の水道料金値下げを実施しました。さらには、毎月検針から隔月検針・請求に移行し、検針委託料、料金用用紙、通信運搬費等を削減しています。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災による当企業団水道施設の被害内容は、全体で約300箇所、金額で、約5億円に上りますが、今後は、構成市町の復興計画に基づき水道の整備を順次進めます。また、「東日本大震災による災害被害者に対する水道料金の免除に関する規程」を制定し、料金の免除を実施いたしました。東京電力福島第一原子力発電所の事故による水道水への影響については、国が実施している検査の結果、放射性物質は検出されず、飲料水としての安全性が確認されています。更に、平成24年10月1日から、水道水の放射性物質を測定するため、ゲルマニウム半導体検出器を導入いたしました。
平成27年度には、地球環境負荷の低減に貢献するとともに、循環型社会の形成と自然環境共生を実現するための取り組みとして、真野ダムから大野台浄水場までの導水落差を利用した再生可能エネルギーである小水力発電導入により、事務所内の電力を賄っております。さらに、水道使用者である皆様の負担の軽減を図るため、平成29年4月には、約3%の水道料金値下げを実施しました。
今後も「未来まで残すぞ相馬のうまい水」をスローガンに水道の安定供給、有収率の向上及び水資源の有効利用を図ります。
 

平成27年度業務実績について

平成27年度業務実績について
  給水人口 54,588 人
  計画給水人口 74,000 人
  給水区域内人口 (平成28年3月31日) 55,570 人
  普及率 98.23 %
  給水件数 24,586 件
  年間総配水量 6,898,850 ㎥
  年間有収水量 5,931,664 ㎥
  有収率 85.98 %
  一日最大配水量 22,741 ㎥/日(8月5日)
  一日最小配水量 16,934 ㎥/日(6月6日)
  一日平均配水量 18,849 ㎥/日
  職員数 24 人
  供給単価 189.79 円/㎥
  給水原価 147.61 円/㎥
 

相馬地方広域水道企業団議会運営について

相馬地方広域水道企業団議会運営について
  議員定数 8 人
  相馬市選出議員 4 人
  南相馬市選出議員 2 人
  新地町選出議員 2 人
  議会定例会 年2回(8月及び2月)
  臨時議会又は議会特別委員会 随時
 

相馬地方広域水道企業団組織について

相馬地方広域水道企業団組織について
 
相馬地方広域水道企業団は2課8係で構成されています。それぞれの主な業務内容を紹介します。
 
総務課 業務が円滑に進むよう水道事業全般を管理する部署です。
 
  総務係 議会、各種文書の整理保存、監査、条例及び広報を担当します。
  財政係 予算、決算、財政計画、出納及び諸契約についての事務を担当します。
  料金係 水道の使用開始又は中止の受付、料金、検針業務を担当します。
  収納係 未収金の徴収並びに不納欠損処分及び水道メーターの開閉栓業務を担当します。
   
施設課 水道の施設に関して整備並びに維持管理を担当する部署です。
 
  工務係 水道施設の整備計画、拡張及び改良工事を担当します。
  施設管理係 水道管路の修理及び漏水防止対策についての業務を担当します。
  給水係 給水装置工事に関する業務を担当します。
  浄水係 取水並びに浄水施設全般の維持管理及び水質試験を担当します。
qrcode.png
http://suido-soma.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
144118
<<相馬地方広域水道企業団>> 〒976-0001 福島県相馬市大野台二丁目3番地の5 TEL:0244-35-1020 FAX:0244-36-2409